トップ

見出しのある印刷

印刷したものに見出しを

複数ページの印刷情報

新着情報

複数ページに見出しを印刷 

エクセルで複数ページにまたがる大きな表を印刷したときに、2ページ目以降の表に見出しがなく、読みづらかった経験はありませんか?2ページ目以降で気になる部分があっても、毎回1枚目を確認しなければなりません。かといって、プレビューを確認しながら、全部のページに手作業でタイトル行または列を挿入していくのも大変です。実はこれはエクセルの設定で解決できます。エクセルでは、各ページに共通の見出しをつけることができます。方法は簡単で、ページ設定を開き、印刷タイトルの項目で行または列のタイトルの範囲を選択して設定します。

見出しが大切な新聞や雑誌 

新聞を取っている人なら、最も大切なのは見出しだと分かるはずです。また何らかの大事件が起こった時には、とりわけ大きな字で書かれるのが普通です。しかし明治時代の新聞を見ると、必ずしも現代のような紙面ではなかったことが分かります。写真などはほとんどなく、広告もイラストを交えた簡単なものでした。今のように見出しと本文の違いも少なく、どちらかというと雑誌の紙面に似ていたのです。現代は印刷物といえば、イラストや様々な視覚効果など、ビジュアルに訴えることが当たり前ですが、その分文章をじっくり読むことの意味が軽視されがちです。またネットの普及で紙の印刷物の意義が問われる時代、改めて活字の意味を考えるべきではないでしょうか。

歯車回る